瞑想時の脳を見える化出来るツールとは

こんにちは、よっしーです。


台風が接近しているせいか、

よっしーのすんでる南国はあんまり

暑くないです。



さて今日は の記事で予告していた

瞑想を見える化するツールについて

書いて行きます。



s_スクリーンショット 2017-08-05 0.44.09.jpg

そのツールの名前は

GAIAM museという

ガジェット(小型電子機器)です。


ちなみに説明書も結果をフォローする

アプリも英語です。



ブラックとホワイトの2色あります。


お値段もまあ、3万〜4万円くらいで

買うことが出来る値段ですよね。




〜〜追記〜〜〜〜〜〜〜〜


なんと新型で日本国内正規品のmuseが

ありました!!


ホワイトタイプ

日本語マニュアル付き

100日間の保証あり

発送はアマゾンが行うそうです


値段も新型なのに、今のところ

旧型と値段が数百円しか変わりません。


セール価格 29,800円



気になる方は画像をクリックしてください。

アマゾンの販売ページに飛びます。

31gjUa85wDL.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


(下の二つの画像はよっしーの私物です)

museのロゴが青い新型 39,080円〜

新型muse 販売ページはこちら

(マニュアルは英語です)

s_IMG_1710.JPG



museのロゴが白いのが旧型 29,150円

旧型muse 販売ページはこちら

(マニュアルは英語です)


s_IMG_1707.JPG





museとは

おでこ側に5つ、耳側に2つ

計7つのセンサーで脳波を

測定します。


そのセンサーでキャッチした脳波を、

ブルーツゥース方式でスマホに

送ります。



導入方法は専用のアプリ

iphone、Android両方に対応してます)

をダウンロードします。


アプリはmuseで検索します。


s_スクリーンショット 2017-08-15 3.36.04.jpg

アプリをダウンロードしたら、

メルアド登録等の情報入力をしてから、

ペアリングしてそこから初期設定が

必要となります。



初期設定のチュートリアルは英語で

アナウンスされているのですが、

日本語の取説があるものを購入すれば

安心ですね!!




s_IMG_1689.jpg

スマホはmuseから送られた脳波データを

解析して、脳波の状態をリアルタイムで

知らせます。



さざなみの音だったらリラックスしている

α波が優位な状態。

さらにリラックスしてα波が増えてくると

鳥のさえずりの音がします。


つまり鳥のさえずりが聞こえてくる

状態を目指して瞑想をするのです。



ちなみに考え事など、雑念が浮かぶと

強い風が吹いている音がします。



測定時間は最大3時間まで測定

出来ます。


s_IMG_1690.jpg



瞑想中に、どの時間帯に

active(活発)

neutral(中立)

calm(穏やか)

の状態にあったかの結果を教えてくれます。


s_IMG_1697.jpg

過去のデータを記録してくれるので、

何月何日に、瞑想中にどれだけ

リラックス出来たか?!


つまり、瞑想が上達しているのか

どうかが見える化出来るのです。


IMG_1712.PNG



新型か旧型か!?


アマゾンでは数千円ほど旧型の

方が安く買えるようです。


よっしーは旧型museを最初に購入した

のですが、

いまいち耳側の感度が悪かったので、

結局、新型を購入しました。


並行輸入品だったし、個体的な当たり外れ

だったかもしれません。



ただ他の人のブログによるレビューでも

耳側の感度が悪いとあったので、

購入を考えている人は新型を購入した

方が無難かもしれません。



新型を購入したら、センサーの感度も

スマホとのペアリングも良好でした。




さてここからが重要です。


以前、瞑想には2種類あると書きましたが、

覚えてますか?

「引き寄せ」をさらに強化する瞑想とは?!


思い出しましたか?


そうです。



気づきの瞑想である

マインドフルネス瞑想



集中の瞑想である

サマタ瞑想です。



ありのままを受け入れる

マインドフルネス瞑想にはあまり

museの使用は推奨出来ないのです。


雑念が浮かんだら、それを受け入れて

スルーするのがマインドフルネス瞑想

なのです。



上達とかこだわるのは良くないと

されていて、


日々の瞑想の出来がどうだったかは

気にせずに、呼吸またはマントラ

にただ意識を向けるのみなのです。


なのでマインドフルネス瞑想は

上達がどうこうより、習慣化出来るか

どうかなんですね!!



つまりmuseはサマタ瞑想向き

のツールということになります。


変性意識になるための

瞑想の練習に向いてます。



museの瞑想設定時間は1分~3時間です。


まずは5分くらいかスタートしていって

雑念を抑える瞑想の時間を

徐々に伸ばしていけばいいと思います。




変性意識になって何をする?


では変性意識になることで、

どんなメリットが考えられるでしょうか?


変性意識についてまた別途記事を書こうと

思いますが、


簡単に変性意識状態というのは

どういう状態かというと、



(顕在)意識が弱まって、潜在意識に

直接、アクセスしやすい状態です。


催眠状態も変性意識状態の中の

一つの形です。


他には集中している状態も

変性意識状態の一つです。


「フロー」は没頭レベルの集中状態で

「ゾーン」は究極レベルの集中状態を

表す言葉ですが、

これらも変性意識状態の一つの形です。



<補足>

「フロー」も「ゾーン」も集中力が高まった

状態のことを言います。


「フロー」というのは没頭レベルまで

集中力が高まった状態ですが、

「ゾーン」は「フロー」から一時的に発生する

究極の集中状態が「ゾーン」です。



例えば、ハンターハンターでいうと


クラピカが通常の念能力を使っている

時の状態が「フロー」

エンペラータイムで緋色の目になって

いる時が「ゾーン」


えっと、ハンターハンターを知らない

人は何をいっているか、分かりませんよね。




ゴルフに例えると、タイガー・ウッズクラスの

一流ゴルファーがメジャーな大会で

ラウンドしている時が「フロー」


ここ一番で、このパットを入れれば

優勝が決まるという時、

「ゾーン」に入ると、カップの距離が

凄く近く見えることがあるそうなんですが、

この究極の集中状態が「ゾーン」です。



変性意識になることで


催眠術にかけ易くなったり、

かかり易くなったり、

「フロー」や「ゾーン」に入り易く

なる。つまり集中力を強化する。


ということが期待出来ます。




試してみる価値ありとよっしーは
思います

museを使って見たいけれど、

取説が英語だし、設定等に不安が

あるという方はよっしーまで気軽に

連絡して下さい。

  ↓ ↓ ↓
yoshii68@yahoo.co.jp

分かる範囲であなたの力になります。



瞑想関連記事


引き寄せの瞑想の実践


知識と情報の記事のまとめ




~~~ここからはよっしーから~~~
~~あなたへの想いをこめたメッセージです~~


ここまで読んで頂いた方のほとんどの方は

引き寄せで願望を実現したい 
という思いをお持ちである一方、

いろいろな本を読んで、そのメソッドを実践したり
教材を購入したり、セミナーを受けたり
セッションを受けたりもしたけれど、


思うような結果が出なくて苦しんでいるかと
思います。


引き寄せの法則で一般的には


願望が実現したときの自分をリアルに
ありありとイメージするということが
成功の秘訣だと言われてますが、


実はこの方法は建前で生きている日本人には
合っていないと思います。


なので あなたにあったやり方で
願望が実現するマインドを形成していけば
結果が出るようになります。


もしあなたが自分にあったやり方を
今すぐに知りたいとお思いになったら、
メールでよっしーに相談してください。


よっしーは
コミュ障の自己否定のダメ人間でした。
 ↓  ↓  ↓



自分の本当の気持ちに気づき、
向き合った結果、

パートナーを得て、ビジネスを立ち上げ
なんとか軌道に乗せるところまで
行きました。

そして引き寄せってあるんだなと
今は確信してます。

そんなよっしーがあなたの
相談承ります。


yoshii68@yahoo.co.jp


人が創った問題は必ず人が解決できると
いうのがアインシュタインの言葉です。

よっしーがあなたの願望実現をお手伝いします。


あなたからのご連絡をお待ちしています。

この記事へのコメント